創業時から一貫して“てづくりの味”を追求し、管理栄養士によるカロリーバランスと衛生管理を徹底追及した
安全でおいしくあきない献立づくり、高級志向で本物の味が特徴です。

こだわり1 - 体にやさしい安全と衛生へのこだわり

  1. 嵯峨野のお弁当は、ご家庭の手作り弁当と同じく安心・安全な食材を使用しています。
  2. 嵯峨野では、自社の衛生研究室を持ち、専任スタッフが毎日食材や厨房の検査を最新の検査機器を使って行っています。そして、お弁当の安全と衛生を365日、常に監視しています。
    お弁当の安全と衛生を365日、常に監視しています。
  3. 嵯峨野のお弁当は、おかずの容器には透明の使い捨て中仕切り、ライスの容器には黒色の使い捨て中仕切りを入れています。中仕切りは“通い容器”の衛生を向上させ、ライスの保温を助けてくれます。
    (あまり知られていませんが、中仕切りを使わない“通いお弁当容器”は濡れていると菌の繁殖が激しいのです。)
    これは業界初、嵯峨野だけのこだわりです。見た目もきれいで衛生的!と女性に大好評です。
    業界初、嵯峨野だけのこだわり

こだわり2 - 食材と“旬”へのこだわり

  1. 全世界・日本全国の産地は生産者と出来る限りの大量仕入れ(グループ製造1日10万食)と直接契約により、良質・安全・安価な旬を感じられる食材提供を実現しました。
  2. 嵯峨野オリジナル本醸造醤油やミネラル分の多い三温糖。焼き物には天然粗塩…等のこだわり調味料により、美味しく仕上げます。もちろん、最高の調味料技術が素材や調味料をいかします。
  3. グループ製造1日10万食(グループ全体)の実績が“こだわり”への励みとなっています。
    グループ製造1日10万食の実績
  4. 食の原点だからこだわりたい高品質のライス製品。うまさを生み出すために完璧な品質管理をしています。

こだわり3 - 地球ECOへの積極的な取り組み

  1. 嵯峨野は、衛生的な“通い容器”を使う事で、ファーストフードやコンビニのように容器や包材のゴミを出しません。
  2. 環境問題への積極的な取り組みとして、生ゴミを堆肥化する「バイオ・アースクリーン(BioEarht creen)」を導入し、生ゴミを一切出していません。
  3. 使用済みの割り箸を“炭”にする研究が現在進行中です。この“炭”は土壌改良剤として使う予定です。
    地球ECOへの積極的な取り組み

こだわり4 - 嵯峨野の日替り弁当へのこだわり

嵯峨野の日替り弁当へのこだわり

嵯峨野の日替り弁当を支える設備

こだわり おまけ - 嵯峨野キャラクター「お弁当大名」のいわれ

お弁当の嵯峨野のキャラクターは「お弁当大名」といいます。皆さんご存じでしたか?
このキャラクターは、お殿様2人が満足げに花見弁当を食べている図です。

お弁当の原点は、お殿様の花見弁当にあります。その昔、お殿様は花見に出かけるのに大勢の家来や共の者を引き連れて、満開の桜の下で豪華に酒盛りをしました。その時に持って行ったのが花見弁当です。この花見弁当はお弁当としてばかりではなく、お刺身・煮物・天ぷら・旬の食べ物と、豪華な酒の肴やおかずがいっぱい詰まっていました。これを見た裕福な旦那衆がお殿様を真似て、お花見に花見弁当を持って行くようになりました。そして、それが庶民にまで広がって日本の独特なお弁当文化が生まれていったのです。

嵯峨野のお弁当の原点はこのお殿様の花見弁当にあります。手作りのお弁当、冷めても美味しく食べられる工夫がされたお弁当、彩色豊かなお弁当、季節が感じられる旬の素材の入ったお弁当、これに安全・安心なお弁当を加えると嵯峨野の目指しているお弁当になります。一言でいうと、「ワクワクするお弁当」創りを嵯峨野は目指しています。